美白クリーム シミくすみ

サイトTOP

朝は保湿ケアとUVケア

美白スキンケアは、紫外線を浴びてしまうと良くないと言われています。

紫外線を浴びる日中前の朝のスキンケアは、保湿スキンケアとUVケアをするようにしましょう。



朝タップリの保湿スキンケアをし、紫外線を浴びない夜に美白ケアをしてあげると、寝ている間に美白スキンケア効果を大きく発揮してくれます。

夜寝ている時に発揮してくれる効果の方が、1日の中でのスキンケア効果の時間帯として、とても重要と言われています。

美白スキンケアは夜寝る前にし、寝ている間に最大限に発揮してもらいましょう。

紫外線対策をしよう

紫外線から守る為に日焼け止めを塗りますが、その他にも日傘や帽子、手袋などをして紫外線をシャットアウトしましょう。



日傘や帽子、手袋などは、UVカット効果を発揮してくれる物もありますので、それらを活用すると良いでしょう。



更に、サングラスをかけると、目からの紫外線をカットできるので、とても効果を発揮してくれます。

目から吸収する紫外線は、思いのほか体内にメラニンを吸収させてしまいます。

UV効果のあるサングラスをすると、とても紫外線対策に効果がありますので、是非活用してみましょう。

唇の美白ケアも忘れない

意外と盲点なのが、唇の日焼け対策。

あんまり気にされている方は、多くないようです。

しかし、唇も見た目は違いますが立派な皮膚です。

UVケアしなければ、確実に日焼けして色がどんよりしてしまいます。



また、唇が日焼けしてしまうと、荒れてしまって皮がむけたり出血をしてしまう事があります。

唇も日焼けしないよう、UVケアをしてあげましょう。



UVカット効果のあるリップクリームがありますので、塗って出掛けるようにしましょう。

角質ケアをしよう

美白スキンケアと言えば、美白のスキンケアばかりを重要視しがちですが、受け付ける側の肌のコンディションを整える事も、とても大事です。

どんなに素晴らしい美白スキンケアでも、肌の奥まで届かなければ意味が無いと言えます。

角質を取り除いて、綺麗な肌の上に美白スキンケアをしましょう。



ピーリングをしたり拭き取り化粧水を使ったり等、角質を綺麗にしましょう。

また、角質off出来る洗顔料等もありますので、とても便利ですよ。

肌を根本的に綺麗にしてから、美白スキンケアで効力を大きく発揮させましょう。

浸透力が、かなり変わると言われていますので、特にオススメです。

美白クリームを使おう

美白クリームに効果を期待したい場合は、一般の美白クリームより薬用の美白クリームがオススメです。

シミやクスミに対して、期待が出来ると言われています。





美白クリームを選び菜は、厚生労働省が認可している医薬用の美白成分の配合をチェックしましょう。



ビタミンC誘導体や、アルブチン、ルシノール、エラグ酸、プラセンタエキス、トラネキサム酸等があります。



薬用の美白クリームの方が期待できるとはいえ、症状の表れ方には個人差がありますので、トライアルやサンプルから使い始める方が良いでしょう。

美白スキンケアのポイントは「たっぷり使う!」

美白スキンケアやUVケアが高価だからと、チビチビケチくさく使っても残念ながら効果は発揮してくれません。

スキンケアのパッケージに記載されている容量を、きちんと使う事が大切です。



更に、たっぷりの量を使うようにすると、透明感アップにつなげる事が出来ると言われています。

特に日焼け止めは、パッケージの量を塗ると肌が真っ白になってしまいますが、本来はそれでOKと言われています。

その後メイクをするので、肌が真っ白になっても問題ないと言えます。



贅沢に使ってみて、美白肌になるのを期待してみましょう。

小鼻や口周り、首やデコルテにも、きちんと塗るのをお忘れなく。

カテゴリー
TOPページ